乳糖不耐症の人は飲めるか?

乳糖不耐症の人は飲めるか?

ラクトフェリンをニキビ予防や治療として使う場合、1つだけ注意したいことがあります。それは乳糖不耐症は飲むのを避けたほうが良いかもしれないことです。ラクトフェリンは牛乳などを原料に抽出されているため、どうしても乳糖が含まれてしまうのです。

 

・ 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方
・ 家族で牛乳が飲めない人がいる場合
・ 乳製品全般でお腹を壊しやすい

 

これらの方はもしかしたら乳糖不耐症かもしれません。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのは、乳製品に含まれる乳糖を分解することができないからです。腸のぜんどう運動が活発になり、水っぽい便を出します。牛乳を普段飲まない方は、家族にこのような症状が無いかチェックしたり、乳製品全般でも確認してみましょう。

 

もし乳糖不耐症がある場合、ラクトフェリンは体に合いません。日本人の40%ほどが乳糖を分解できない体質なのですが、普段あまり気が付いていない方も多いと考えられます。多少の症状ならラクトフェリンを飲んでも大丈夫な場合もありますが、乳製品で確実にお腹を壊す方は避けてください。

 

ただし、乳幼児の場合は乳糖を分解する酵素を多く持っているため、子どもにラクトフェリンを与える場合は問題ない可能性があります。赤ちゃんはミルクが主食のため、乳糖を分解する能力があり、成長にしたがいだんだんと酵素が作られなくなります。